湯たんぽの季節になりました

すっかり肌寒くなりました。

肌寒くなる前から少しずつ、あったかグッズの準備を始めていましたが、湯たんぽの出番も増えました。

私が使っているのは金属製のものではなく、ゴム製の水枕のような形をしたものです。

サイズは800mlと小さめですが、温かさはかなり持続します。

夏には水を入れて凍らせておくと、氷枕やひんやりグッズにもなるので、年中使っています。

家族は夜寝るときだけ使うので、金属製を使っています。

こちらのほうは容量も大きく、温かさが朝まで持続するので、夜用に金属製も欲しいなと検討中です。

夜寝るときだけではなく、日中、家で仕事をするときにも、湯たんぽをひざ掛けの下に入れておけば、こたつに入ってるようにぽかぽかです。

そのまま手を温めたり、腰が冷えた時には腰に当てたりもできるのが、ゴム製の良いところでしょうか。

生理痛の時も湯たんぽは必須で、腰やおなかを温めると、痛みが和らぎ、驚くほど楽になります。

湯たんぽ、レッグウォーマー、大判のひざ掛け、温かドリンクがあれば、冬のひんやりした部屋でも、かなり快適に過ごせます。

もう少し冷え込みが厳しくなって、石油ストーブを出すようになったら、ストーブの上に置いたやかんで、お湯を沸かして使います。

ちょっぴり節約、ちょっぴりエコになっているでしょうか。

2年使った湯たんぽカバーが、もうボロボロになってきたので、そろそろ新調したいところです。

使い古しのセーターをリメイクして、オリジナルを作る予定です。

湯たんぽも湯たんぽカバーも冬の相棒、かわいく作ってお気に入りにしたいです。